アーティスト紹介 -TRakkerとは?-



TRakkerは、オリジナルのダンス系クラブミュージックをてがける
GWAVEブランドのアーティスト・クリエイターユニット。



ダンス&クラブトラックの申し子、Taishiと
美少女ゲーム業界のオペラ姫、青葉りんご。
二人を中心に、多くのアーティストが作品に参加。

トランス、テクノなどのエレクトロニック・ミュージックと、
ボーカルとギターを融合した、歌って踊れるエキサイティングな
ダンス&クラブサウンドをプロデュースしている。

PC美少女系音楽、アニメ・ゲーム音楽などの
歴史と文化を同時に受け継ぎ、正統進化を続けている。

煌びやかなライブステージを予感、彷彿とさせる
新世代向け、ハイパーダンス&クラブサウンド!



結成のきっかけは、Taishiの商業デビュー作でもあり、
PCゲーム作品の主題歌として制作された「Insanity」での共演から。

ユニット名の由来は
Taishiの「T」と、青葉りんごの「R」の頭文字。



ステージさながらの重低音、
CDの限界に迫る、78分のスーパー処女作となる
1st Album「TRanswing -The Inner Gaze-」を、
2010年12月29日に、満を持してリリース!
特別企画として、Insanity -Rebirth-(リメイク版)を収録。

2011年1月15日にデビュー記念ライブを予定。



LINK FREE!



[TRakker] menber紹介 (文責 プロデューサー加藤義治)

Taishi

-compose & sound produce-

ドイツ帰りのクラブサウンドクリエイター
10代で、プロフェッショナルの道を切り開き、
美少女ゲーム業界では、その最先端を行くサウンドチーム
「Blasterhead」のメンバーとして認められ、
鳥の詩など、美少女ゲーム業界最高峰の楽曲のクラブアレンジを任される。

現在は学生兼、クラブトラッカーとして、都内のクラブハウスなどで活躍中。
先日、話題となった「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の
エンディングテーマ曲の公募で採用され、念願のアニソンデビューも達成。

まさに新世代のクラブミュージックの申し子と呼ぶべき一人である。


青葉りんご

-vocal-

声優であり、ヴォーカリスト。

オペラの経験をもち、ハードメタルの熱唱は天下一品。
幅広い表現力と、抜群の声量とパワーを誇る。
近年、ラジオパーソナリティやライブ活動やなど、
イベントにも多数出演し、歌と演技で東京都内で大人気活動中。